2017年11月23日木曜日

藤本智士さんトークイベントのお知らせ


次の日曜日、11/26の夕方から、編集者の藤本智士さんをお迎えして
トークイベントを開催します。藤本さんといえば、ここ数年は秋田県の
魅力を全国に発信するフリーマガジン「のんびり」の編集活動が目立ちました。
最新号を楽しみにされていた方も多かったと思います。
 
 「のんびり」からうまれた書籍、版画家池田修三さんの作品集「センチメンタルの青い旗」
(ナナロク社)の発売が2013年、北書店でも原画展を開催させていただき連日盛況
以来、4年ぶりの再会となります。今年の夏、2冊立て続けに刊行された藤本さんの著作に
ついての話題を中心にお話を伺います。編集、デザイン、地域コミュニティ等、仕事として
携わる方はもちろん、ご興味のある方は必見のイベントですよ。
 














魔法をかける編集(インプレス)
















風と土の秋田 二十年後の日本を生きる豊かさのヒント (リトルモア)

 

 今回、藤本さんからの提案で、ツバメコーヒー店主の田中さんを交えての鼎談形式と
なります。開店5周年を迎えたツバメコーヒー、来月には新潟市中央区に2号店の
開店が控えてご多忙のところですが、コーヒースタンドの出店も兼ねて燕市からやって
きてくれます(ツバメさんよろしくお願いします)。イベント終了後は、店内にて藤本さんを
囲んでの懇親会も開催しますので、こちらもご希望の方はぜひご参加ください。
以下イベント詳細と、藤本さんからのコメントをご覧ください。


“りすがツバメとやって北”

藤本智士「魔法をかける編集」&「風と土の秋田」出版記念トーク@北書店

・藤本智士
・田中辰幸(ツバメコーヒー店主)
・佐藤雄一(北書店)
11/26(日)18:00~(17:30開場)/料金1,500円

お申込は北書店店頭・メールにて
sato@kitashoten.net/件名「11/26トーク申込」
懇親会ご希望の方は併せてお申込ください。

★★★★★

 ツバメコーヒーさんとの出会いは20143月。3月とはいえ、
まだまだ冬の寒さが残るなかスタッドレスを履き「旅猿」の
DVDを延々流しながら東北へと北上していた僕は、「旅猿」のなかの
ちょっとしたくだりの影響で、突如「柏餅か桜餅が食べたい!」と
甘味欲が暴走。「この辺でなんか甘いもの食べられるところないか探して」と、
アシスタントのはっちにお願いしつつ、眼前に現れた燕市の案内標識を見て
ふと「燕市と言えば……」とツバメコーヒーさんを思い出しました。

 まだ伺ったことはなかったものの、イラストレーターの福田利之さんや、
ミュージシャンの山田稔明さんなど、リスペクトなみなさんが関わって
らっしゃるツバメコーヒーさんに一度行ってみたいと思っていた僕は
「とりあえずコーヒー飲もう!」と甘味欲を鎮めて、行き先変更。ふらり
寄道したのでした。
 
  想像を超えて素敵な店内に驚きながら、早速コーヒーを注文したら突然
「藤本さんですよね?」と声をかけてくれてびっくり。タレントさんじゃあるまいし、
一目見て声かけてくださるなんてなかなかないことなので、驚いていると
さらに「戴き物なんですけど……」と、コーヒーと一緒に桜餅を出してくれて呆然。
なに?車内の会話聞いてたの?って思うくらいのミラクルに、なんというか、
この人は只者じゃないぞ、と感じたのが店主の田中さんとの最初の出会い。
 
 そこから3年以上経ったいま、再び田中さんにお会いしたい、というか、
もっといろいろお話ししてみたい!と思ったのは、僕の大切な友人、発酵デザイナーの
小倉ヒラクから最近聞いた田中さんのエピソードがなんだかとても痛快で、これはうん、
きっとお話が合うに違いない!と確信したからでした。
 
 そして北書店の佐藤さんもまた言わずもがなというか、全国いろんな書店さんが
あるけれど、好き嫌いで言うなら、この人のスタンスが一番好きかもしれない。言葉に
するなら、衒いなく町の本屋してるのに反骨というか、とにかくかっちょいい。
 

 そんな新潟のリスペクトなお二人と鼎談できるなんてとにかく楽しみでしかないので、
ぜひぜひ1126日は新潟へ!



 藤本智士(ふじもと さとし) 

1974年兵庫県生まれ。
編集者。有限会社りす代表。

雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン
「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。
自著に『魔法をかける編集』(インプレス)、『風と土の秋田』
『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共にリトルモア)。
イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、
編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)
などがある。編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、
『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。 

ホームページ http://re-s.jp / twitter @Re_Satoshi_F

★★★★★

イベントタイトル意味不明ですかね(笑)、「りす」は藤本さんの会社名です。
いまから10年ほど前にリトルモアから刊行されていた『Re:s』が藤本さんを
知るきっかけになりました。当時私はまだ北光社にいて、2002年あたりを契機に
売り場をドンドン占拠し始めたライフスタイル系雑誌にやや辟易していた頃
(それだけ需要が多かったのです)そんななかでRe:sの創刊はとても新鮮な
出来事でした。なんてちょっとウソ臭い書き方だな、正確に書くと、創刊号は北光社には
入荷しておらず、2007年3月に新潟進出を果したジュンク堂を覗きにいったときに
現物を手にとってみて、あわてて注文したのでした。さすがジュンク堂いい本あるわと笑。

このあたりの雑誌メディアの推移についても話してみたいところ。それでは週末、
皆様のご参加お待ちしています。




2017年9月24日日曜日

今年も発送賜ります。『星ダイアリー』

こんばんは、久しぶりの更新です。

9月って日によっては秋でも、まだまだ夏ですよね?今日も暑かった・・
ともあれついこないだ夏休みが終わったかと思えば、書店店頭はあっという間に
日記手帳販売の季節がやってくるわけでして。

何件かお問い合わせをいただいておりましたが、今年も石井ゆかりさんの
星ダイアリー発売を記念して、『石井さんの一言おみくじ』つきダイアリーの
販売をさせていただくことになりました。

おみくじは数に限りがあります。なくなり次第終了とさせていただきますので、
この点何卒ご了承願います。お取り置き、発送のご予約を、
明日9月25日(月)の19時より、メールにてお受けいたします。
ご希望のお客様は、以下をご確認くださいませ。よろしくお願いいたします。


★★★★★★★

完売御礼!! 

たくさんのお申込ありがとうございます!



おみくじ付き星ダイアリーの遠方販売について

● お申し込みは9月25日(月)の19時より、メール(sato@kitashoten.net)にて
お受けいたします。 

件名/「星ダイアリー」発送希望 

●おひとり様1枚限定とさせていただきます。 

●料金は送料含めて1920円と、 振込手数料を ご負担いただきます。 

●以上ご了承いただけましたら、郵便番号・ご住所・お名前・お電話番号
明記の上お申込みください。ご購入いただく星座の指定もお忘れなく。

●お取リ置き希望のお客様は、お名前と星座の指定、お電話番号、
ご来店のご予定お知らせくださいませ。


メール到着後、折り返しお振込方法等の詳細を返信させていただきます。


★★★★★★★



それでは、皆様のご注文をお待ちしています。

毎年毎年・・これしかいえませんが 石井さん、いつもありがとうございます!



2017年5月31日水曜日

Negicco Meguさんの「雨の中で」について。


6月3日は、Negicco Meguさんのお誕生日です(おめでとうございます!)。
それにあわせて生誕記念フォトブックレット「雨の中で」が発売になります。
北書店では6/3(土)12時開店と同時に販売開始です。新潟での販売店は
当店のみのようで、大変光栄であります。

県外にお住まいだったり、当日都合が悪く来店できないといった方からも、
たくさんお問い合わせをいただいておりますが、発送やお取り置きも対応
いたしますので、北書店店頭にてお申し込みいただくか、もしくはメールにて
ご一報くださいませ。

★★★★★




Megu(Negicco)生誕記念フォトブックレット 

雨の中で撮影:川島小鳥)

1,620円(税込)
6月3日(土)12時より販売開始



・ご予約、発送のお申し込みは北書店店頭またはメールにて受付中です。
お名前、冊数、ご来店予定日(大体で結構です)を明記の上、
sato@kitashoten.net(件名:「『雨の中で』予約」)までお願いいたします。

・発送(送料300円)ご希望の方は、上記に加えて、郵便番号とご住所を
明記ください。こちらから折り返し、振込先等ご案内をさせていただきます。

★★★★★

発売日、開店と同時に駆け込む勢い(推測)の方も、“念のため”とご予約に
来られたりして、Meguさん人気というかNegicco人気というのか、とにかく
ファンの方々の熱さを感じる今日この頃ではありますが、初回入荷分は十分に
ご用意する定です。当日の気分次第でご来店いただくでも、念のためキープして
おくでも、そこは皆様にお任せいたしますので、いかようにでもご利用いただけたらと思います。

それでは今週土曜日、たくさんのご来店をお待ちしております!


2017年5月11日木曜日

上間陽子『裸足で逃げる――沖縄の夜の街の少女たち』刊行記念イベント開催

沖縄の夜の街に生きる女性たちへの聞き取りをまとめた
『裸足で逃げる』(太田出版)刊行から3ヶ月、著者の上間陽子さんを
お招きして来週末の夜、トークイベントを開催します。
読書会ならぬ「読み合わせの会」とは?太田出版さんによると、

“調査の際、上間さんが大切にされていたのが、できあがった原稿を
彼女たちに読んで聞かせる「読み合わせ」の時間でした。 今回のイベントでは、
上間さんに『裸足で逃げる』に収録した原稿を実際にお読みいただいたうえ、
調査で感じられたことなどもお話しいただきます”とのこと。

調査対象者の女性一人ひとりと丹念に時間を重ね、彼女たちの抱える
貧困や暴力などの問題と向き合った記録。じっくりと耳を傾けたいと思います。
イベント詳細は以下をご覧ください。ご参加お待ちしています。




★★★★★


上間陽子『裸足で逃げる――沖縄の夜の街の少女たち』(太田出版)刊行記念 

『裸足で逃げる』の「読み合わせ」会

会場:北書店

日時:5/20(土)19:00~(18:30開場)

参加費:1500円

ご予約は北書店店頭またはメールにてお受けします。 
メールでのお申し込みはsato@kitashoten.net(件名「5/20イベント」  )までお願いします

★★★★★







上間陽子(うえまようこ)

1972年、沖縄県生まれ。
琉球大学教育学部研究科教授。

専攻は教育学、生活指導の観点から
主に非行少年少女の問題を研究。
1990年代後半から2014年にかけて
東京で、以降は沖縄で未成年の
少女たちの調査・支援に携わる。

共著に『若者と貧困』(明石書店)。
本書が初めての単著となる。














2017年4月21日金曜日

橋を架ける者

 
トークイベントのお知らせです。
 
2002年にアルビレックス新潟でプロデビューし、先日横浜FC を最後に
現役引退を表明されたサッカー選手、安英学(アン・ヨンハ)さんと、
ノンフィクションライター木村元彦(「ゆきひこ」と読みます)さんの
トークショーを5月1日(月)19時より開催します。この顔合わせは4年ぶり
2度目となります。連休前の平日の夜ですが、ぜひご参加ください。
 
昨年、木村さんの著書『橋を架ける者たち~在日サッカー選手の群像』(集英社)が
発売されて以降、またおふたりをお招きできたらなと、ずーっと考えていました。短くも
味わい深く、そして猛烈に感動する本書のエピローグには、“新潟でのプレーを
もう一度見たい”と書かれていました。
 
『橋を架ける者たち』は、前回のイベント開催から2ヵ月後の2013年4月、文芸誌
「すばる」にてスタートした木村さんの連載「朝鮮高校サッカー部を辿る旅」が基に
なっています。今回のトークは、本書を紐解きつつの進行になると思いますが、
ヨンハさんがこれからどんな風にサッカーに関わっていかれるのかも気になるところですね。
お客様の質問タイムもたくさん設けたいと思います。
 
そして今回も、イベント終了後に懇親会を開きます。夜開催でさらに懇親会、
日付をまたぐこと必至ですが、またとない機会ですので奮ってご参加ください。
私はヨンハさんと4年前に約束したあることを実現するべく動いてみます
(あっちは忘れてるだろうけど)。再会が楽しみです。

それでは以下詳細です。
 
★★★★★
 
安英学×木村元彦トーク

5/1(月)19:00~(18:30開場)

参加費2000円

ご予約は北書店店頭またはメールにてお受けします。
メールでのお申し込みは、件名「5/1トーク」
●お名前●参加人数●懇親会(3000円)参加の有無を
明記の上、sato@kitashoten.net までお願いします